貯金箱

初心者から中級者へ|投資のいろはを学ぶために

開設のための書類

スーツの人

海外FXを始めるに当たり、まずは口座開設を行いましょう。口座開設は業者のホームページにて行うことが可能です。基本的に、大手業者の口座開設方法は、個人の海外FX紹介サイトに詳しく説明されていることもあり、迷うことはありません。基本的には、個人情報を記入して必要書類である免許証もしくはパスポートと、住民票を用意する必要があります。そして、その後審査を行い、何も問題がなければ口座の開設が可能です。その際、口座にログインするためのパスワードとIDが発行されるので、それを入力することで使用可能になります。なお、審査で重要なのは金銭面に問題があるかどうかということが多いです。
この時、気をつけなければならないのはこのパスワードとIDが他人にバレてしまうことです。口座の中には個人情報が満載であり、悪意のある人に知られることで個人情報の流出だけではなく、口座を知られることで金銭面にも悪い事態が起きてしまいます。よって、パスワードの保護はしっかりと行わなければなりません。具体的には、これら情報は人目のつかないところに保存するのが最適であり、パソコンのデスクトップのメモ帳や実際のメモ帳にパスワードとして書いておくというのは、非常に危険な行為です。また、ネットカフェなどで海外FXを行うというのも危険です。ネットカフェではパスワードの痕跡などが残りやすいので、自宅のパソコン以外でのFXを行うのは絶対にやめておきましょう。